2007年 06月 01日 ( 1 )

ストーリー志向の馬鹿さ加減について(2):(^_^)

 TRPGにおける極端なストーリー志向の特徴分析その2。
 今回は、前回に引き続き「最適解」問題について。

 僕が考えるストーリー志向では、「最適解」でセッションが進行するのはストーリー的につまらない、と捉えるため、TRPGのセッションを問題解決のゲームと考えるスタンスと真っ向から対決することになります。

 まあ、TRPGのセッションでは志向の違う面子が集まって遊ぶことが日常茶飯事のため、そこらへんの志向の違いをうまくすり合わせて妥協し合うのがコミュニケーションというものだと思いますが、それはさておき。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-01 12:41 | TRPG