2009年 11月 12日 ( 2 )

思考の整理学:(・_・)

http://www.bk1.jp/product/00411593

飛行機とグライダーの例えがわかりやすい。
TRPGerも飛行機型かグライダー型かで分類・分析できると思う。

んで老害っぽく、グライダー型なPL相手にGMやるとつまらんのよとか言ってみるw。

自分も受け身なところが多いなと実感することが多いのだが、日本の教育環境が受け身な態度を進めてるので、染まっちゃってどうしようもないっていうかしょうがないなあっていうところもあるのかなあと思う。

1)元々能動的な人と受け身な人の割合は変わらなかった。
2)TRPGが新参メディアだった時は、能動的な人が多く参入して、能動的なプレイをされることが多かった。
3)宣伝効果や企業努力のおかげで受け身な人もTRPGをやるようになった。
4)TRPGの世界だけを見ると、受け身な人が増えたなあと実感するが、それは単に認知度が上がったせいなのかもしれない?

という流れなのかも知れんのうと仮説を立ててみるぜ。

んじゃま
[PR]
by namizusi | 2009-11-12 21:54 | ストーリーメディア

箱庭な考え方について:(・_・)

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1257498722/
これを見て。

箱庭なシナリオとかセッションの話がされてて面白いのだが、驚くほど人によって定義が違う上、トラウマな人の要らない茶々のおかげで迷走しまくりで酷いので(笑。2chではいつものことだ)、個人的なまとめを書いてみる。

まあその、箱庭なセッションだから良いとか、悪いとかそんなものはないし、公式見解があるわけでも何でもないので、どーでもいいのだが、箱庭的な見地でTRPGセッションを考えると得るものが多く、実際のTRPGシステム・シナリオでもすでに当たり前のようにその方法論が取り入れられていると思うのでそこんところを書いてみたりする。

More
[PR]
by namizusi | 2009-11-12 21:36 | TRPG