<   2006年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

HR50試験紅龍太刀ソロ

 やっっっっっと紅龍(ミラボレアス亜種)に勝つことが出来、晴れてHR51になりました。やったあああ。これで試験生活も終わりだ!

 で、最初太刀で挑戦してみたのですがいまいち立ち回りがわからずいったんあきらめ、大剣(ペイルカイザー)に切り替えたのですが、それでも僕の腕では勝てませんでした。ライフを50%削って硬化するのに15分くらいで、そのあとひたすら殴り続けて何とか終了5分前に硬化が解けるところまでは行ったのですが、あと一押しダメージが足らずに何度も時間切れ。

 もう~!超滅一門があればあともうちょっとのダメージ足りそうだったんですけど、あいにくHR50以下では超滅一門を作ることが出来ない(怒)!MHGの頃の感覚では老山龍(蒼)素材だったのでまだ事前に作れて何とかなったと思うのですが、MH2ではどういうわけか黒龍素材に変わってしまった。実に、嫌味としか思えない設定である(涙)。そんなに大剣が嫌いか!という気分でした。

 これについては雷属性大剣もかなり不遇で、下位で作れないし!下位~上位の変わり目では金稼ぎに将軍を野良で狩りに行ったりするのですが、将軍に有効な雷属性大剣が下位ではない!んで、やっと上位になっても、上位になったばかりでは到底太刀打ちできないラージャン狩りをかなりこなさないと雷属性大剣が作れず(寄生しろということですかねえ)、比較的容易に作れるキリン大剣はHR38以上にならないと素材自体が取れず、苦労して作っても(まだ作れてませんが)非常に微妙というか「これ、下位用の大剣?」と聞きたくなるような微妙な性能で。

 欲しい属性の欲しい大剣がことごとく欲しいタイミングで作ることが出来ず、やっと出来た頃には手遅れという。そんなのばっかりで嫌になりました。誰でしょう、このひどい素材設定を考えた人は。

 加えて、紅龍を倒すのにMHGでは硬化対策で大タル爆弾Gを大量に持ち込むという奥の手があったのですが、これも調合素材の調整で大タル爆弾Gは調合含めて4個までしか持ち込めなくなってしまった。

・ハンマー…龍壊棍を作ればばっちり
・片手剣…絶一門で行けるでしょ~
・双剣…超絶お手軽超絶一門でよゆー
・太刀…朧火でゴー
・ボウガン…拡散撃ってればいいのでは?
・弓…一応龍弓がある

…まあ、狩猟笛は置いておいて(^^;、他の武器では最強クラスの龍属性武器がHR50以下で作れるので何とかなりそうですが、大剣はどうあがいてもせいぜいペイルカイザー止まりという。もう、大剣ソロでクリアーするなっちゅーことでしょうか。嫌味だなあ。ランスとガンランスについては良くわからないので保留。

 そんな感じで、もうあとはプレイの精度と紅龍が飛びまくらないよう祈るしかないという状況で煮詰まってしまい、ちょっと気晴らしにもういっぺん太刀で行ってみるかーと行ってみたところ、クリアーできてしまいました^^;。うっひょう!まあ、性能的には最強龍属性太刀なのでクリアできて当然と言えば当然かも知れませんが、大剣で散々連戦して立ち回りを把握したおかげですかのう。

1.装備
武:朧火
頭:ランポスU
胴:凛・覇
腕:ゲネポスU
腰:凛・覇
脚:凛・覇
スキル:匠+見切り
防御力:360(守りの爪)
アイテム:調合書1~5、回復G20個セット、いにしえの秘薬10個セット+秘薬2、クーラー15個セット、強走薬G、鬼人薬G

2.戦術
 とりあえず基本は安全な右足狙い。連携は「踏み込み縦→縦→突き→斬り戻し」がベースでタイミングによって適度に途中を端折る。無理はしない。ゲージがたまってもそのまましつこく攻撃して転倒したら初めて「気刃1→気刃2→気刃3」を入れる。位置の関係で左足側に行ってしまった場合は尻尾を切るのを狙って手数重視で。あとホバリング着地は頭を斬りに行く。
 まあ、こんだけですな。

3.事故死対策
<メテオ>
 まあ、防御360くらいあれば即死は無いので、くらっても秘薬で耐える。安全地帯は

・右足の後ろ側
・左足のちょっと離れた後ろの尻尾の辺
・斜め45度前方緊急回避3回分くらいの距離(左右)

という辺りでしょうか。斜め45度前方は位置取りが良いと咆哮もくらわないので把握すると心強い。メテオ中にここで武器を研いだりすることも出来る。

--
<空中ブレス対策>
 怒り時は即死出来ます(涙)。高く飛んで遠距離ブレス3発か、低く飛んで近距離ブレス1~3くらい来ます。よくある動きは

・高く飛んで遠距離ブレス3→低空に下りてプレイヤーをしつこく追尾し、低空ブレスを1~2発→着地

という動きをします。しかし、紅龍の影の真下にじっといると低空ホバリングのみして

・尻尾で吹き飛ばし→吹き飛ばされたところを狙って低空ブレス

という極悪コンボが来て死ねます^^;。ブレス1発なら転倒中無敵で大丈夫ですが、連発されると2発目で死亡という。ひどいです;;。

 …というわけで、真下でじっとしているとかなり危ないので基本的に

真下よりちょっと外側をくるくる回りつつ移動
→真下から外れたという判定になるのか、高高度ホバリングして3連ブレスが始まる
→ここで調合とか研いだりする
→3連ブレスが終わったら風圧が来る前にダッシュで圏外に逃げる
→低空ホバリングで追っかけてくることがあるので確認。ここまで来れば安心、と思っていると低空ブレスが来て死ぬことがある。
→低空ブレスが始まるとそれ以上移動してこなくなるので、着地頭斬りの間合いとタイミングを計って狙う

というような動きをすると大体こんな感じで行けます。うむ。
あと、遠距離空中ブレスは

近距離→中距離→遠距離

と3段階の距離でプレイヤーの居場所を正確に狙ってくるので、場合によっては横に避けても避けきれないことがあります。そんなときは逆に紅龍に近付くように縦に移動すると2発目以降のブレスを避けられたりします。

--
<パンチ対策>
 基本的に2回方向転換したあとに正面に立っていると来るので、そんなところにそのタイミングで立ってるのが悪い!です。まあ、右足側の腹の下の辺にめり込んでると下をかいくぐれますが。防御360くらいあれば即死は無いので何とか回復して耐えるべし。

--
<倒れこみ対策>
 1回方向転換したときに真正面に立ってると時折来るようです。まさしくそんなところに立ってるな!でしょうか^^;。やばそうだったらとっさにガードするか緊急回避で横に逃げるべし。

--
<歩き対策>
 1回方向転換したときに正面に立ってると時々歩いてきて、つま先の攻撃判定で削られます。その直後のパンチとかメテオとかとの連携が極悪。方向転換したときに正面に来てしまったときは即座に緊急回避で外側に避けるかガードするがよろし。

4.実際のプレイ
 10分過ぎに硬化し(ここで早いなと思った)、そのまま地道に攻撃し続け、「残り10分です」のアナウンスがあった直後くらいで効果が解け、残り5分弱くらいで討伐完了でした。試験の紅龍は実際より弱めに設定されてるようなので、イベントの紅龍も同じ調子でソロで行けるかは謎。

5.大剣で行く場合
 ため斬りを使うのがむらがあるけど有望そうかなと思ったのだが、基本的に紅龍の側にいるときは常に抜刀状態にして

・メテオ右足踏み出し→右足の後ろに移動→切り払い→ため斬り(大)

と入れるのが安定ですかのう。うまくひるみ値がたまってると

・メテオ右足踏み出し→右足の後ろに移動→切り払い→ため斬り(大)→転倒→切り払い→ため斬り(大)→転倒

という感じに2連続転倒なんかしてくれて気持ちいい。超滅一門でソロ討伐は試してみたいところであるが。


ということで、HR51になったのでさっそくイベント紅龍行ってきました。超絶一門背負って^^;。試験クリアしたので個人的に解禁しました。神ヶ島も作ったんですが、ガンナー系鎧って全く作ってないのだが^^;。これも超滅一門を作るためである。

そんな感じで。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-05-05 07:36 | モンスターハンター

HR50試験ソロ続き

 試験に疲れました^^;。そろそろ襲撃が来るようなのでそれまでにHR51にしておきたいけど・・・。

1.試験オオナヅチ・ソロ
 鎧は見切り鎧で、武器は朧火で。ただひたすら無心に打ち込むのみ打ち込むのみ…。で討伐完了。ダメージが痛いので回復アイテムてんこ盛りで。

踏み込み縦→縦→突き→斬り上げ→…ゲージがたまったら→気刃1→気刃2→気刃3→前転→以下ループ

というのを延々繰り返してただけでした。ふう。
ポイントは連携の締めで斬り戻しで後退してしまうと舌攻撃圏内に入ってしまうので前転して腹の下にめり込む感じでラッシュを入れる。

2.試験テオ=テスカトル・ソロ
 最初は太刀で行きましたがこれはさすがに今の太刀の腕じゃ勝てんなと思い、結局大剣に切り替え。しかし大剣でもダメージが足らず、頑張って残り5分でテオが寝に行くところまでは追い詰めたのだがもう一息足らないというところで1日目は挫折。

 2日目は根本的にもう少しダメージを増やす方法はないかとネットを調べたところ、こちらで、閃光玉でまとった火を消せるとあったので試したところバッチリ決まり、粉塵爆破もこれで止められることがわかった。で、どうせやるなら閃光玉25個作戦で行こうかと思ったのだが、テオ=テスカトルは閃光玉を当てても暴れまくるという悪癖があり^^;どうしたものかと。で、試行錯誤の結果、閃光後、腰の辺りに潜り込んでデンプシーするのが比較的安全かつダメージを与えられるということで、そういう戦法でいくことに。

 ただ、いくらダメージを与えても角を折らないと根本的にまとった火が消せないので、それは大転倒時に頭を狙うのと、やはり振り向きざまの抜刀頭斬りを極めるしかないかなと。これは練習した結果、基本的にテオがダッシュで走ったところを後ろから追尾し、ちょうど緊急回避1.5回分くらいの距離に追いついていたところでおもむろに抜刀斬りを入れると向こうが振り返ったところにぴったり斬りが当たり、かつ緊急回避で側転するとノーダメージで避けられる(無敵に重なる?)。ほかにも、粉塵爆破の時に敢えて側面に回ってガードし、そこで納刀即抜刀斬りとやるとちょうど頭に当てられたりする(で、側転してノーダメージで抜けると)。この辺のチャンスはいくつかあったのでその辺も積極的に狙うようにしてみた。

 そんな感じで、結局「残り10分です」のアナウンス頃にテオが弱って住処に眠りに行き、最終エリアで「残り5分です」のアナウンスを聞きつつ何とか倒すことが出来ました。最後は赤く早く点滅してたので残り1分を切ってたと思われます。危なかった^^;。

 大変でしたがテオ=テスカトル戦はなかなか作戦を考えてやるのが楽しい戦いでした。いやまあ、ラグによるキャンセルアクションがひどすぎるとか、雑魚がランゴスタとチャチャブーって最低最悪!て感じではありますが、それはさておき。

3.試験黒龍・ソロ
 黒龍ソロは実は達成したことがなかったので心配だったので、太刀に浮気して^^;朧火で行ってきました。一応回避性能+2で大剣頭ハメ作戦とか考えてたのですがテオ戦で疲れてたので安直に壁ハメで。

・踏み込み縦→縦切り→突き→斬り上げ→気刃1→気刃2→気刃3…

…を延々繰り返してただけでした。一応空中からの着地はたまに頭斬りなど狙いつつ。正味35~40分ほどで終了。あっけなかった。


あとは紅龍を残すのみとなりましたがしかしHR50試験は作業っぽいクエが多いですのう^^;。その辺いまいちでしたか。


そんな感じで。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-05-03 03:58 | モンスターハンター

HR50試験クシャルダオラ太刀ソロ

 とりあえず下見で、例の匠耳栓鎧で朧火を持っていったのですが特にこれといった準備もなくあっさり討伐。閃光も使いませんでした。時間は45分過ぎいっぱいいっぱい。

武:龍刀【朧火】
頭:ランポスU
胴:レイアS
腕:ゲネポスU
腰:ガレオスS
脚:ザザミS
防御:331
スキル:匠・耳栓
アイテム:回復薬・回復薬G・秘薬・ホットドリンク・こんがり肉・砥石・爪護符フル

終了時は回復G5、秘薬1個余り。死亡はなしでした。

 戦い方は

・浮遊時
 すれ違いざまに抜刀斬りするだけ。掃除機ブレス(アシッドブラスター?)が来てもすれ違って背後に回るので当たらない。

・地上時
 大剣と同じく振り向きざま・ブレス時・バックステップ咆哮時に抜刀切りする。太刀の場合は「抜刀斬り→斬り戻し」か、「抜刀斬り→横転」の2択で状況を見て。あと、間合いが近い場合はそのまま歩いて「突き→斬り上げ(→斬り戻し)」を頭部に入れるべし。

 で、転倒したら「(抜刀斬り→縦斬り→)突き→斬り上げ→縦斬り」の無限段コンボをゲージがマックスになるまで入れて、マックスになったらそのまま「気刃1→気刃2→気刃3」を叩き込むのみ。なるべく攻撃が頭に当たるよう配慮。

・雪玉になったときとか
 素直にエリアチェンジ。切れ味が落ちたときも基本はエリアチェンジして研いで戻る感じで。

角と尻尾は破壊したけどしっぽ斬りは特に狙わずでした。
しかし、クシャルダオラなんかを倒しちゃうと「太刀初心者」とは言いがたくなってしまうのかのう^^;

そんな感じで。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-05-01 19:50 | モンスターハンター

初心者のための太刀太刀(1)

 太刀初心者の紙魚砂です。

 久しぶりの更新ですが、めでたくゴールデンウィークに入り、HR50で止めたまま(世間では黒龍再来の模様ですが)ひたすら太刀作成&鎧強化してました。太刀は朧火・鬼神残破刀・神憑完成~。麻痺系は狩猟笛を作る予定だったのですが太刀が楽しいので浮気してしまいました^^;。やはりガシガシ攻撃に行く方が性分に合ってるようで。笛はぼちぼち素材が集まったところでコレクションを増やしていくことにします。

 で、太刀は全部匠・耳栓できるようにしたので古龍戦もばっちりです。あと何を作るかですが、火属性と氷属性の最強クラスがスロットがないのが痛いところ。氷は1択フロストリーパーを作るしかないようですが、モノブロスハートが出ねえ~!…まあ、これに尽きるでしょう^^;。ということでぼちぼち白モノブロスとも戦うようにしたのですが、ためしに作ったホワイトマンティスで戦ってみたところ45分ギリギリで討伐という感じでした。しんどかった。で、なんだか悔しかったので大剣ダオラ=テグニダル&匠鎧で行ったところ15分ほどで終わってしまいました…。ええっと、大剣は太刀の攻撃力3倍!?(んなばかなw)。という程度のちょぼちょぼの腕ですが、オンで野良でパーティープレイする分にはソコソコ戦えるようになったと思うので、その辺のノウハウなど書いてみますをば。

 まあ、太刀の場合、いかに攻撃を当ててゲージをためるかがポイントになるので、パーティー戦だと隙が増えてチクチク攻撃を当てる機会が多いのですがソロだとそういう隙が少ない(蒼レウスなんてどうしろとw)ので難しくなるというのはあると思います。閃光玉とかアイテムを駆使すればそういう隙を作れますけど村クエでその辺の消費アイテムを使いたくないなあと^^;。ていうか、個人的に村クエでその辺のアイテムを使わなくても勝てるレベル(腕)にしておきたいなというのがあります(特に近接武器は)。

--
1)武器選択
 まあ、攻撃力がなるべく高く、属性ダメージも多く、切れ味がなるべく良い武器を選ぶというのは当たり前なのですが、その中で優先度を付けるとするならば

切れ味>属性ダメージ>攻撃力

かなあと思います。まあスキル「見切り」を付けるなら

属性ダメージ>攻撃力>切れ味

という順序に変わるかも知れません。その辺は戦闘スタイル次第。とにかく切れ味が良い(はじかれない)のが重要になるのは太刀の連続攻撃を入れるには攻撃ではじかれないことが最重要事項となるからです。(例外としてテオの翼破壊のためにあえて切れ味を落として餅つき(*1)するという手もある)。

(*1)「餅つき」…攻撃がはじかれても連続で攻撃入力することで連続攻撃を入れる手法の俗称。メリットとして連続で同じ箇所に攻撃集中しやすいため、部位破壊に向いているという点がある。デメリットは「餅つき」中はいっさいの防御行動が出来ないため反撃が来ると被弾確定というところ。

 で、2番目に属性ダメージを持ってきたのはやはり手数が多いのが特徴というのと、大ダメージラッシュを入れるためにアイテムを使用しないならモンスターを転倒させてそこにラッシュを入れるのが基本になると思うのですが、そうすると脚を集中的にチクチク攻撃することが多くなるわけです。で、脚はわりとダメージが抜けないので属性ダメージが高い方が安定してダメージが行くかと思ったのですが…そうでもないかw。

--
2)防具選択
 太刀は双剣・ハンマー(・狩猟笛?)と同じで防御できない系の武器なので、ある程度以上の防御力を確保するのは必須となります。下位だと防御力150~くらいは欲しいかのう?上位だと300~欲しい?ガードできる武器ならやばいラッシュが来たときにガードで何とかしのげるのですが、太刀の場合はどうしようもないので(例えばテオ=テスカトル戦で爪攻撃→ブレスとか来るとほんとにどうしようもない)、せめて2発くらっても生き延びるくらいの防御力があると何とかなります(壁に押し込まれてラッシュラッシュが来たら死ねますが(涙))。

 で、防御力がある程度充実したなと思ったら次にスキルですが、欲しいのは以下でしょうか。

<1>攻撃系スキル
1-1.切れ味系
 「匠」and/or「見切り」。手数を増やしてゲージをためるためにもぜひ欲しい。攻撃と技の「匠」、安定と防御の「見切り」という感じで最終的には両方の鎧を揃えたいところですのう。

「匠」
 とにかく攻撃力が高い。デメリットはこれでもたまにはじかれる敵がいるというのと、武器を研ぐ隙が痛いというのと、「匠」スキルのある鎧は防御がかなり薄いかとてつもなく素材&値段が高額になりがちというところ。

「見切り」
 とにかくいつでもどこでもはじかれないのが魅力。防具も比較的作りやすく防御力も高め。「会心」でちょっぴりダメージが増えるのも地味に嬉しい。あと、切れ味が落ちにくくなるという噂もある。

<2>サポート系スキル
2-1.研ぎ系
 「匠」と相性が良い。「砥石使用高速化」が何と言ってもお手軽かつ強烈だと思うのだが。デメリットなしでスロット5つあればいつでもどこでも作れます。あとは「見切り」。スキル的に「匠」と重複しますが、切れ味が落ちにくくなるというメリットがあり、必然的に研ぐ回数が減るという。切れ味が落ちても「見切り」ではじかれないので十分な隙が出来るまで待ってゆっくり研ぐとかできる。もう一つ「業物」も切れ味が落ちにくくなるそうなのですが、これの効果は「攻撃がはじかれたときに落ちる切れ味が減少する」みたいなので、そもそも攻撃をはじかれない前提の太刀としては微妙なスキルな気が。ただ「見切り」は「攻撃がはじかれるけどはじかれモーションが出ないだけ」なので「見切り」+「業物」という組み合わせは切れ味が落ちにくくなって安定ダメージになると思われますな。渋っw。

<3>防御系
3-1.耳栓
 「耳栓」「高級耳栓」。普通の攻撃は動きを見切って避ければある程度何とかなるのですが、「咆哮」攻撃は範囲攻撃でどうしようもありません。(咆哮【小】は見切ってればダッシュ緊急回避で避けられますが…)。ということで、死亡率を下げるためにも是非付けたいスキルなのですが、「匠」「見切り」と組み合わせようと思うと難しいですのう…。

3-2.加護
 運がいいと相手のダメージが3分の1に減るという素晴らしいスキル(MHGの時の性能。MH2は未検証)。運が悪いと普通にダメージをくらいます(涙)。装飾品で比較的手軽に作れ、スロット5個で発動するのでわりとお勧めだと思うのですが。

3-2.回復速度
 MH2では回復速度がものすごく遅くなって厳しくなったのですが^^;、このスキルを付ければみるみる回復するようになります。今回、回復する隙すら与えてくれない厳しい敵が増えたのでなかなか重宝すると思うのですが、回復を待ってしばし休憩~という戦闘スタイルが合わない僕にはあまり合わない気がして使ってません^^;。咆哮ガードすると赤ダメージが吹き飛ぶのが納得いかん。

3-3.回復アイテム強化
 MHGの頃愛用していたスキルなのですが、MH2ではすっかり使いづらくなってしまいました;;。きびしー。回復量が1.3倍とか1.5倍とかになるそうなので回復薬を使うと回復薬G(よりちょっと弱い)くらい回復するようになるわけで、被ダメージがばかでかい対ガノトトス戦なんかで重宝しました。このスキルは使い道を調べてみたいと思っている。


…ずいぶん長くなってしまったので続きはまた今度で。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-05-01 16:35 | モンスターハンター