<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

最近面白かった映像作品など:(^_^)

3連休でいろいろがばっと映画等観ました。
ネタばれ注意!

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-13 02:28 | ストーリーメディア

ぼちぼち:(・_・)

相変わらずぼちぼち笛吹いてます。
HR29になりました。そろそろ試験の季節じゃのう。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-11 17:34 | モンスターハンター

3×3EYES:(・_・)

ランチの時間つぶしで読み出してなんとなく読了。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-10 20:37 | ストーリーメディア

最近面白かったこと:(・_・)

くだらない危ない仕事の愚痴話。
情報漏洩に気をつけよう。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-10 20:31 | 雑感

プレイヤーシーンの考え方(4):(・_・)

今回は余談部分はやめて、実例その2ということで、実際にプレイヤーシーンを使用することを想定したシナリオの作成例(というか構成例)を示す。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-07 12:49 | TRPG

ネタメモ:(・_・)

最近物忘れが激しいので^^;、書く予定のネタをメモっておく。

1)意思決定のサイクルの変化について
 だんだん長くなっている?

2)シナリオをダンジョン攻略的に考えると「壁」ないし「扉」の概念が、物理障壁→情報障壁→感情障壁に変化してきた、という話。

3)プレイヤーシーンを導入したシナリオ構成例。極限まで行くとシナリオ要らんのでは?というところまで書くべきか考え中。

んなところか
[PR]
by namizusi | 2007-02-06 23:35 | TRPG

プレイヤーシーンの考え方(3):(・_・)

今回は実例の解説ということで。

マスターシーンとかプレイヤーシーンとかの新しい概念の導入の意味というのは、「TRPGのセッションの中で、プレイする人間が何を“主”と考え、何を“従”と考えているか?」という意識を書き換える意味があります。

たとえば、黎明期のころは戦闘やダンジョンハックが“主”で、背景設定、キャラ設定、せりふの掛け合いなどは“従”でした。今は事情が変わっています。

マスターシーンもマスターが余談でちょこっと解説した話や文書で説明した背景説明をシーンにすることで表舞台で遊ぼうというルールだと思います。僕はマスターの権限と出番を増やす代わりにプレイヤーのせっかくの貴重な時間リソースを削ってしまうというとても大きなデメリットがあるので好きじゃありませんけどね。

ま、その辺は好みの問題。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-06 13:00 | TRPG

初心者のための笛飛脚(9):(^_^)

MHFは普通にさくっと落ちました;;。
また2時募集してるみたいですがそのころにはMHP2をやってる気が。電気をまとって飛びつきをしてくるフルフルが嫌です。(笑)

例の笛吹きキャラはHR26になりました。
HR22になると自分で古龍のクエを立てられるようになって行くことが多くなるのですが、対テオ戦が例の回復アイテム強化+広域化鎧だとHP150にしてても2撃で死ねるのが泣けますね。

・飛びかかりとかで転倒させられる→起き上がりにブレス

でほぼ確実に死ねる。まじめにフルフルUフルセットで行くべきかのう……。融通が利かなくてつまんね~。

さて、今日は演奏攻撃のやり方という無駄芸について(笑)。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-05 12:39 | モンスターハンター

世界最速のインディアン:(^_^)

CMがいまいち好きじゃなかったのですが、内容が面白そうだったので観ました。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id326035/

名優アンソニー=ホプキンスが主演とはちっとも知りませんでした。観てびっくり。
インディアンがレースをするのかと思ったら、バイクがインディアンだったんですな。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-05 11:54 | ストーリーメディア

最近読んだのとか:(・_・)

仕事が忙しかったり私事が忙しかったりでなかなか見れてませんが。

More
[PR]
by namizusi | 2007-02-02 12:48 | ストーリーメディア