<   2007年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

300:(^_^)

観ました。
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id327079/

戦闘シーンがバリ燃え!です。
ペルシャ軍との戦闘がめちゃ燃えます。
ペルシャ軍の繰り出す部隊が破天荒で面白すぎでわくわくしますな。
不死軍団、巨人、サイの騎兵、象の騎兵とか。
ペルシャの王もまあ、ステレオタイプ悪役と思って観ればいい悪役っぷりで燃えます。
奴隷を階段にして降りてくる、やりてーw。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-11 02:00 | ストーリーメディア

FEARゲームの功罪分析(1):(・_・)

……つーことで第1弾。
「公正に」とか前に書きましたが、無理なので(笑)色々偏見が入り混じります。適度にフィルターをかけて見るようにしてください。まあ、可能な限り公正に判断してみようと努めますが。

また、FEARゲーと言ってもそれによってもたらされたものは大量にあるので、気になったところをピックアップして分析する方針で。

全体的な概観としては

・「テクニック」を「ルール」にしてしまったことによる功績と、惨事
・強烈過ぎるルールによる多大なメリットと惨事
・強烈過ぎるルールが組み合わされたときのことを考慮してないことによる惨事
・価値観のずれによる齟齬

といった観点による分析をしようかと思います(どこが公正なのかよくわかりませんが(笑))。

で、個別のルールに対する各論に入る前に「FEARシステムを批判する前に、全てのTRPGユーザーは自省すべきだと思う」http://d.hatena.ne.jp/hige_gun/20070523/1180699190の記事を公正に分析しようとすることから始めてみようかと思います。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-11 01:19 | TRPG

ツォツィ:(^_^)

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id326859/

観ました。良かった。
去年ゲド戦記とかいうタイトルの変なアニメ映画がどっかで放映されましたが、この映画のタイトルを「(現代版)ゲド戦記」と付け直して放映されたらすごく納得したように思います。いい映画だった。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-08 12:34 | ストーリーメディア

書く予定まとめ:(・_・)

私的メモ。

別のところでもいろいろ書いてたりするので、いい加減このページで書くのはTRPG関連に絞ろうかと思ってるのだが。今後書こうと思ってる議題をちょっとまとめる。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-07 12:48 | TRPG

ストーリー志向の馬鹿さ加減について(4):(^_^)

最終回。まとめです。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-06 12:43 | TRPG

影走り4:(・_・)

買ったが当分読む暇がねー。
原書だと絵がカラーなのが日本語版は白黒でちょっとがっくりと言っている人がいた。
わしはどっちでも良い。
わりと重厚な世界観で、小説っぽい解説をじっくり読まなきゃならんのがしんどい。
もののけこやけみたいに漫画にしてくれると楽なんだがのう。
[PR]
by namizusi | 2007-06-05 22:29 | TRPG

『GMさん、教えてください』 No.011~015【シナリオ作成……パターン編】に答えてみた:(・_・)

http://card.zero-the.fool.jp/?eid=483008

答えてみました。
前回トラックバック投げたはずなんですが届いてませんな(笑)。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-05 00:03 | TRPG

ストーリー志向の馬鹿さ加減について(3):(^_^)

極端ストーリー志向その3。
今回は「セッションの足を引っ張る方法」について。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-04 12:45 | TRPG

久々に深淵オンセ(2):(^_^)

つづき

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-02 19:12 | TRPG

ストーリー志向の馬鹿さ加減について(2):(^_^)

 TRPGにおける極端なストーリー志向の特徴分析その2。
 今回は、前回に引き続き「最適解」問題について。

 僕が考えるストーリー志向では、「最適解」でセッションが進行するのはストーリー的につまらない、と捉えるため、TRPGのセッションを問題解決のゲームと考えるスタンスと真っ向から対決することになります。

 まあ、TRPGのセッションでは志向の違う面子が集まって遊ぶことが日常茶飯事のため、そこらへんの志向の違いをうまくすり合わせて妥協し合うのがコミュニケーションというものだと思いますが、それはさておき。

More
[PR]
by namizusi | 2007-06-01 12:41 | TRPG